美容室の値段が高いと感じる理由はミスマッチです

デフレから抜け出せませんが今の若い人であれば、それが当たり前かもしれません。そんな時にちょっと値段が高いお店をみつけたらどうしますか。入ってみますか。とはいえ初めの期待が大きいほど、後々失敗したと感じてしまうミスマッチも多いですよ。

髪型に決まった値段はありません

男性ならスポーツ刈り、パンチパーマなどの定番があるでしょう。女性でも、かつては聖子ちゃんカットなどがはやりました。しかし昨今は、芸能人も多様な髪型をしています。人それぞれ、個々に合った髪型が求められています。
定番の髪型がなくなりつつある中で、どの髪型ならいくらになるか、決まった値段もありません。お店による違いの方が大きいですね。どうせ同じ髪型になるなら、少しでも安いお店に行った方が得した気分になるでしょう。

美容室に対する不満も多いようです

ある調査によれば、自分の髪型に納得していない人は3割ほどいるとか。女性の2割は自分で髪を切っているとか。それだけ美容室に対する不満があるようです。実際にカットされた時、後悔する人も多いみたいです。
安い美容室ならば下手でも納得できるでしょう。しかし長い時間かけて1万円以上払って、この仕上がり、ショックは隠せません。そうして女性たちは美容室を渡り歩いているようです。

理想的な美容室はあるのか

芸能人の写真を持参して、この通りにしてくれ!そういうパターンが少なくないようです。しかし美容師に言わせると、それが一番困るそうです。つまり髪型は人それぞれ合う合わないがあるからです。
特に女性はイメージを大切にします。とはいえ自分の適性について正しく把握している人は少ないようです。そうしたギャップがミスマッチを生み、不満を抱えることになります。美容師に関しても、白馬の王子様、理想的な美容室はありません。

ミスマッチに注意しましょう

美容室の値段が高いと感じる理由の多くは、ミスマッチがあるようです。つまり初めの期待が大きすぎて、納得できない結果となったからです。値段相応とは、意外に難しいものです。しかし、慎重に選んでみると良い美容室に巡り合えるかもしれません。池袋で美容室をお探しの方はこれらを参考にしてみるといいでしょう。

お客様を納得させられる美容室は値段が高い

偏見で物を言ってはいけませんが、女性の方が褒め言葉に弱いのかもしれません。服を選ぶ際も、店員さんに褒められると、ついつい買っていませんか。それはリップサービスです。美容室でも、もちろんありますよ。

美容室の決め手はテクニックです

美容室の値段を高いと感じるかどうかは、その人の考え方次第でしょう。池袋のようなおしゃれな街で髪をセットしてもらえば、多少高額でも納得できるのかもしれません。加えて、おしゃれな髪型にしてもらえれば、一日ハッピーに過ごせます。
美容師の場合は、個々にテクニックが違います。理容師とは異なり、統一した髪型は求められません。逆にお客様の要望を忠実に守る必要があります。そのようなテクニックの有無が、美容室の値段を決めるのです。

リップサービスも技術です

ちょっと似合いそうもない髪型となったらどうですか。それでもカリスマ美容師にセットしてもらった、それだけで自慢になります。さらにイケメン美容師から褒め言葉があれば、その場は納得してしまいそうです。
そうしたリップサービスも、美容室の値段に反映するでしょう。女性は美容師やお店の評判で美容室を変える傾向があります。そうしたニーズに上手く応えられる美容師こそ、高いお金をもらえる資格があるのです。

値段が高ければ質もよいのか

洋服やバッグもそうですが、高いのと安いの、何が違うと思いますか。もちろん耐久性もあるでしょうが、使い方次第です。消費者が何に価値を持つか、それによって値段への許容範囲が変わります。
値段が高いから質もよい。本当にそうでしょうか。そういう逆転の発想を持つ人が多いから、一部の美容室は値段が高くなっていくのかもしれません。利用する側がもっと賢くなるべきでしょう。

決めるのは消費者です

値段とは何か、経済学でも議論の分かれる問題です。原価を積み上げるべきなのか、それとも何らかの技術、テクニックを評価すべきなのか。とはいえ最終的に決めるのは、消費者です。

身近なオシャレのお手本である美容師に学ぼう

ファッション雑誌を見ても最近では「街角スナップ」や「読者モデル」の人気が非常に高くなっています。一方、本物のモデルさんはというと、「もちろんキレイだと思うけれども、体系が違いすぎて参考にならない」という声が多いのです。身近で自分の体形や容姿に近い人だからこそ参考になるという意見が増えており、その意味で近年人気が高まっているのが「オシャレ美容師」なのです。池袋の美容室で働く美容師の中にはそういった手本にしてみたい人達がいるのでチェックしてみるといいでしょう。

身近な人だから真似しやすい!

美容師はモデルではありません。あくまでも一般の人なので現実離れした体形をしているわけでもなく、高価な洋服ばかりに身をまとっているわけでもありません。つまり、真似しやすいのです。SNSなどで人気が出ているカリスマ美容師もいますが、身近に自分が通っている美容室の美容師でも構いません。参考にできる人がいれば良いですよね。雑誌で見かけた素敵な服があってもとても階に行ける距離ではないということもあります。身近な人が来ている服であれば、どこで買ったのか聞けば探すこともできますし、実際に来ている様子を見ることができるので失敗も少ないです。

美容師の服装は動きやすくておしゃれ

美容師は一日中動き回ります。そのためにはやはり動きやすい服装でないといけません。ヒールが高い靴を履いている人はあまりいないですよね。足元から動きやすく疲れにくくさらにオシャレを追求した格好をしているので、過ごしやすくオシャレな服装の手本としてはこれほどの適任者はいないでしょう。

髪型もメイクも参考にできるからトータルで勉強になる

美容師を参考にする良さは、髪型アレンジの豊富さとメイクです。ネット上で様々な髪型を参考にアップしている美容師も多く、メイクも専門学校でしっかり習っていますので服装だけでなくトータルコーディネートとして非常に勉強になるのです。

社会人になって重視する美容室選びのポイント

池袋にあるお店など、学生時代と同じ美容室にずっと通っているという人はどれくらいいるのでしょうか。もちろん、地元で就職して美容室に特に不満の無い場合はそのまま通っている人もいると思いますが、多くの人は居住地域の変化等で美容室を変えざるを得ない人が多いはずです。では、社会人になって美容室を選ぶ場合、学生時代と重視するポイントが変わってはいないでしょうか。それは、ライフスタイルの変化から自分の中の重視するポイントが変わってきているからなのです。

社会人が美容室を選ぶポイントその1「待ち時間が少ない」

学生の頃は時間がかかっても安い美容室を選ぶ傾向が強いのですが、社会人になると限られた時間をできるだけ有効に使いたいと考える人が急速に増えていきます。自由に使えるお金が増えることと関係していますが、貴重な休みの時間を美容室だけで終わらせたくないので、待ち時間が少ない美容室を選ぶ傾向があるのです。

社会人が美容室を選ぶポイントその2「混雑していない」

混雑していても気にならなかった学生時代とは変わって、社会人になると美容室に落ち着く環境を求めるようになります。スタッフもお客も多く、にぎわっている店舗よりも、ゆったりリラックスして過ごせる環境の美容室の方が魅力的に感じる人が増えるのです。貴重な時間を割いていくのであれば、心落ち着く時間を過ごしたいと思うようになるのでしょう。

社会人が美容室を選ぶポイントその3「質の高いサービス」

コストパフォーマンスを最も重視していた学生の頃とは違い、自由に使えるお金が増えた社会人では、多少値段がかかっても質の高いサービスを求めるようになります。髪を洗った後にスパを追加してもらったり、マッサージを追加してもらったりと髪を切る以外のサービスも美容室で受けるようになります。これらのサービスが充実している美容室がよく選ばれているのです。

学生が重視する美容室選びのポイント

美容室選びの際に重要視しているポイントは何ですか?行きつけの美容室が子どもの頃からずっと変わっていないという人も稀にいるとは思いますが、けっこうコロコロ変わっているよという人も多いはず。では、なぜ美容室を変えるのでしょうか。変える理由は様々ですが、その大きな理由の一つにライフスタイルの変化が挙げられます。若い世代と大人世代とでは重視するポイントが変わってくることによるものです。

学生時代に重視するポイントその1「コストパフォーマンス」

学生時代は基本的にお金に余裕がない時代です。できるだけ低価格で気に入った髪型にしてもらえるところに通おうとします。学割制度を取り入れている店も多いので、それを利用してできるだけ安く利用しようと考える人が多いのです。学生にとって美容室の役割は「髪が伸びて来たら行くところ」「髪型を整えてくれるところ」ですので、コストパフォーマンスが良いに越したことがないというわけです。街中の美容室を覗くと、「学生が多いな」と感じる美容室が多くあります。人が多くなりますので待ち時間が長くなったり、混雑しているということはありますが、学生のうちはこれらについてはあまり気にならないものです。

学生時代に重視するポイントその2「友人同士の口コミ」

学生時代は友人が良いと言ったところに紹介で行くという人が圧倒的多数です。情報雑誌を調べて新規開拓する人は非常に少ないでしょう。特に部活等で「どこの美容室に行っていて、良いよ」なんて話が出ると半年後にはだいたいの人がその美容室に通っていたりします。また、友人紹介カードなどの割引があることも紹介でどんどん学生が増えていく要因です。通う美容室が同じだと友達同士で共通の話題ができて良いこともあるのでしょう。池袋で美容室を探しているときなど、友達におすすめを聞いてみるといいかもしれませんね。

こんなサロンに通いたい!魅力的な美容師がいる美容室

美容室を選ぶポイントとして、その美容室の清潔さや値段、雰囲気などがあると思いますが、最も気になるところはやはり髪を切ってくれる美容師ですよね。人柄、会話、身だしなみなど自分に合っている人であれば長く通いたいと思いますが、そうでない場合はやはり他愛ない会話を長時間するのが苦痛になることもあります。あなたが例えば池袋で美容室を選ぶ場合、どんな人物が働いていれば通いたいと思いますか?

やはり人気は同性の美容師

まず気になるのは性別です。これは圧倒的に同性が人気の傾向があります。女性の場合は女性美容師が、男性の場合は男性美容師が人気なのです。なぜかというと、髪に関する悩みを相談する場合に異性には話しにくい、要望を伝えたいけど打ち解けるまでに時間がかかるなど、どうしても相手に気を使ってしまいがちになるから。中には女性のお客さんでかっこいい男性美容師を希望する場合もありますが、ほとんどの場合は同性を選ぶ傾向が強いようです。

新人も気を付けよう!清潔感が最も大切

美容師が最も気を付けなければならないのが「清潔感」です。美容師で「この人なんか匂う」という人はあまりお目にかかったことがありませんよね。美容師の皆さんは、清潔感にかなり気を付けています。特に夏場は多くのお客さんの相手をして疲れて汗もかくはずですが、不潔と思われては致命的なので細心の注意を払っているのです。第一印象は最初の数十秒で決まります。そこでまず良い印象を与えるには清潔感が何よりも重要。話の内容などは二の次です。

会話はお客さんのペースに合わせてできるかどうか

清潔感でクリアできたら、次は話し方や人柄の部分です。美容室の悩みあるあるは「美容師が髪を切っている間とにかく話しかけてきて疲れる」というものです。沈黙が嫌なお客さんもいれば、あまり話しかけてほしくないお客さんもいます。見極めは慣れるまでは難しいかもしれませんが、人気美容師になるためには必須のスキルにはなるでしょう。こういったスキルを持った美容師を見つけたらそこに通うと緊張しないで気持ちよく過ごせるはずです。