若い人も増えている関節痛

関節痛の対処法とは?関節痛には2種類あります。正しい対処を行ってしっかりと改善しましょう。 - 若い人も増えている関節痛

若い人も増えている関節痛

rstrjyd
近年、若い人でも関節痛にはやむ人が増えてきています。一言で関節痛と言ってもその種類は1種類ではありません。対処法を間違えると悪化してしまうこともありますので、悉皆原因を突き止めて正しい対処をすることが大切です。

全世代の悩みになってきた!関節痛の種類

関節痛には大きく2種類あります。「変形性関節症」と「関節リウマチ」です。一般的にお年寄りが「膝が痛い」「腰が痛い」という場合は変形性関節症である場合が多く、関節リウマチは女性に多く、若い人からでも発症する可能性のある危険な病気です。変形性関節症とは、関節をスムーズに動かすために骨の間には軟骨があるのですが、この軟骨が擦り減ったり欠けることで関節の動きが悪くなることで起こります。加齢が原因なので仕方ない場合も多いのですが、日頃のケア次第では痛みを感じにくい体をつくることは可能です。さらに中高年からスポーツを始めた人が多く感じる関節の痛みもこれに関係しています。軟骨が少なくなっていった関節に過度に負担をかけることによって軟骨の擦り減りを進めてしまうのです。健康の為にと始めたスポーツが、問題を引き起こしては意味がありません。若い人に多いのが関節リウマチです。関節リウマチは関節を覆っている関節包という袋の中にある滑膜という免疫組織の以上によって引き起こされます。リンパ球という体の免疫組織のリーダーから指示が出て、他の免疫細胞と連携する際にサイトカインという物質を分泌するのですが、このサイトカインが多く分泌されてしまうと関節破壊につながってしまうのです。

関節痛が起こる原因と対処法

「変形性関節症」の最も多い原因は加齢です。避けられない問題ではありますが、対処と予防次第では進行を遅くすることは可能です。まずは痛みを感じたら炎症を起こしている可能性があると思いましょう。その場合は温めるべきか、冷やすべきか、すぐ判断できますか?これを間違うと逆効果になりますので気をつけなければなりません。炎症を起こしている場合はまず冷やすこと。炎症を抑えなければ次の対処ができないので、まずは冷やすことが必要なのです。湿布を貼る場合も冷感シップを貼りましょう。その後炎症と痛みが引いた場合は、様子を見ても構いませんが一旦整形外科で原因を確かめておいた方が無難です。中には装具を付けたほうが良い場合や投薬治療が必要なこともありますので、安易に自分で判断するのは危険です。「関節リウマチ」は早めの医療機関の受診が必須です。軟骨でなく関節の骨自体が破壊されていきますので、長い間放置しているといずれ寝たきりになってしまうということもあります。若い人で関節に痛みを感じることが多い場合は、すぐに整形外科を受診してください。

予防することはできるのか?関節痛の具体的な予防法

rhsts
まずは、「関節に負担をかけない生活」をすることです。私たちの全体重がかかっている膝を中心に、負担がかかりにくいように考えて生活をすることが必要です。例えば、「体重を減らす」これはそもそも膝にかかる重さを減らすわけですから効果があります。肥満気味の人は少し気にしてみましょう。他には「クッション性の高い靴を履く」ことも一つの方法です。長時間歩く場合などは特に、デザインも気になるところかもしれませんが、インソールが柔らかいものや正しい歩き方に導いてくれる靴を選んで出かけることをおすすめします。次に、「ストレッチとトレーニング」をすることです。関節そのものというよりは、関節付近の筋肉を柔らかくすることで関節にかかる負担を減らすという考え方です。軽い屈伸や、ひざを曲げた姿勢のまま少し歩くなど軽く膝に負担をかける程度がちょうどよいです。やりすぎは逆効果なので気を付けましょう。また、ストレッチする際にはひざ周りを温めて行うことも重要です。

関節痛は日頃のケアで和らげることができる!

予防は関節痛を感じ始める前の若いうちから始めるに越したことはありませんが、痛みを感じ始めてから少しずつ行っても症状の改善や悪化を食い止めることに繋がります。「もう遅い」ではなく、「まだ間に合う」という気持ちで日々のトレーニングやストレッチを行いましょう。
ランキングから優良関節痛サプリを決定!非変性Ⅱ型コラーゲンの驚きの効果を解説!
http://kansetsu-report.link/

新着情報

◆2016/09/16
若い人も増えている関節痛の情報を更新しました。
◆2016/09/16
もはや年齢は関係なし!?関節痛の種類の情報を更新しました。
◆2016/09/16
若いうちから関節痛に苦しめられないための予防法の情報を更新しました。
◆2016/09/16
関節に負担をかけない生活とはどんな生活?の情報を更新しました。
◆2016/09/06
会社プロフィールを新規投稿しました。